近代技術と印材の竹

印鑑イメージ

印鑑といえば本象牙の素材が有名ですが、その素材の仕入の難しさや動物保護により、象牙の他の素材で作られた印鑑もあります。
その中の一つに竹材で作られた印鑑があります。
竹は日本でも身近で取れることから印鑑以外の道具などにもいろいろと使われていますね。

竹の堅さ、軽さ、加工のしやすさなどから竹で印鑑を作るようになったようです。
そして竹は自然から出来たものですので、同じものは二つとなくオリジナルの世界に一つの印鑑を持てるのです。

日本文化には竹の存在は欠かせませんが、その容姿にも、他の素材とは違う味がり朱肉をつけ押した、その文字にも、他とはちがう個性を出すようです。
もちろん銀行印として使用することも可能ですし、独自の個性を持つ竹の表情は防犯にも良いと言えるでしょう。
日本と中国地方は竹の宝庫と言えます。

そして同じ竹でも地域によって、その素質が違い加工の方法もいろいろです。
印鑑として利用する竹は、その独特の柔軟さによって押したときの柔らかさや付きの良さが評価されています。

昔の流通が発達していなかったころには竹の印鑑は多く利用されていました。
そして近代技術により新たな加工がなされ竹の印鑑が割れなくなる加工や、虫食い、カビなどからも保護されるようになっています。

近代的で効率的な素材で出来た印鑑も良いですが、自然からの素材を利用し職人さんが心をこめて彫り作られた竹の印鑑を皆さんも一本持ってみてはどうでしょうか。

ページの先頭へ